フリースクール・不登校・通信制高校なら愛知県名古屋で英会話・英語に特化したフリースクール名古屋プレゼール学園へ。名古屋駅近くで通学も便利!

生徒の声

〈子供の生の声です〉

私がプレゼール学園を知ったのは、学校のことで色々悩んでいた中二の時でした。ふと雑誌で見て、
英語に特化したフリースクールということで、興味がありました。なので体験授業に行ってみたのです。

その時の授業は、私の好きなディズニーの物語を英語で読んでみたのですが
,優しい先生が笑顔で、
英語でていねいに教えてくれました。私は、愛知の隣の県に住んでいますが、少し遠くても、ここなら通いたい!
という思いが強くなり、通い始めました。

今は中三になりましたが、プレゼール学園には通信高校もあり、他府県にスクーリングに行かなくてもよく、
全国の有名大学への推薦の道も開かれているので、高校も引き続きここに通いたいです。

最近は、英検にも合格して自信もついたし、大学進学・留学の道も考えています。




名古屋プレゼール学園より、最後に皆様へのメッセージです。Q&Aはその後に続きます。

保護者の皆様へ


保護者のみなさま、お子さんに「なぜ学校に行かないの」と、頭ごなしに何度も聞く事を一度やめてみませんか。
何故ならお子さん自身、通学せずに家にいることを心の中では申し訳ない、肩身がせまい、そんな思いで苦しんでいるからです。

さまざまな理由によって、お子さんは学校に行かないことを決めたのです。決して怠けているのではありません。

私どもの学園は、そんなお子さんのための学校以外の学びの場、友だちづくりの場であるフリースクールです。

どこまでもお子さんの個性・個人差を配慮し、安心できて、自由にのびのびと、自分が好きな勉強を心ゆくまでできる、
そんな居場所にしたいと願っています。ほかのお子さんとの比較や評価をしない、自由で独創的な場所づくりを目指します。


将来の進路についても、お子さんも一緒にご相談しましょう。必ずしも、再登校をめざして勉強することを目的にはしていません。
転校するのも留年するのも、お子さんの希望次第でいいでしょう。


中卒認定試験・高卒認定試験・昼間定時制・夜間定時制など高校から大学受験や就職まで、進路の選択は各種あります。
また、もしもお子さんが当学園生活の中で、自分が打ち込めそうなことをみつけたら、大いに応援しましょう。
現状を変える手段のつもりで海外の学校に入学する、または長期や短期の留学をしてみるのも選択肢の一つです。

これが良い刺激となって、意欲が高まるかもしれません。
その一助として、私どもは基礎的な英会話を身につけるコースを用意しています。これが、当学園の大きな特色です。
受講は自由ですが、ぜひ簡単な日常の英会話からはじめてみてはいかがでしょうか。

希望者には英会話以外の語学コースもあります。ただ単に、留学のためだけの英会話学習をするのではありません。
本当に大切なのは、お子さんが将来、一人で生き抜いていく力をつけることです。
英会話で自信を持つことができれば、人生のいろいろな困難な場面でも、なんとか切り開いていくことができると考えます。

英会話は、そのために役立つ強力な道具となるのです。
繰り返しますが、私どもは決してお子さんを管理、強制し、また競争させたりするような息苦しい居場所を提供するつもりは
ないことを強調させていただきます。

これらの趣旨にご賛同いただき、ぜひ私どもの門をたたいてみてください。


生徒のみなさんへ


みなさん、義務教育の小中学校がすべて、という考え方が変わりはじめています。安心してくださいね。
みなさんの個性に応じた、自由な、ほかの人との競争や比較をしない学びの場として、当学園のようなフリースクールが
義務教育以外にも正式に認められようとしています。

最近では、フリースクールを支援するための法律をつくろう、という動きもあります。
学校に行かない、または行きたくないと感じているみなさんは、これまで家族や友人の目が気になって、
苦しかっただろうと想像します。

もしかするとみなさんの中には、学校へ行かないことが悪いことというような考えを持っている人もいたのではないでしょうか。
そうだとしたら、もうその必要はありません。
「だれにでも起こる」こととして、社会全体がフリースクールを認めるようになりました。

安心して、あせらず、ゆっくりと自分なりのやりかたで、心ゆくまで何かに取り組むことができる、
そんな居場所を提供したいと願っています。

そうした生活の中で、みなさんの中に今まで眠っていた、かくれた才能や能力に気づくかも知れません。
自分を生かせる本当の趣味はこれだ、という発見もあるかもしれません。将来の進路も一緒に考えていきましょう。

フリースクールからの進路の選択肢については、ぜひ「保護者のみなさんへ」を読んでみてください。
みなさんは英会話に興味をもったことはありますか?もしよかったら初歩の初歩から始めてみましょう。
日常生活に必要な英会話をやさしく丁寧に教えます。

そして、海外留学も視野に入れてください。
こうした英会話学習がきっかけになって、みなさんにやりたいことが見つかれば、どんなに素敵なことでしょう!
たった一回の、かけがえのない、大切なみなさんの一生です。

何回でもいろんなことをやり直したり、挑戦してみませんか。
その第一回目として、勉強でも趣味でも自分が打ち込める何かを当学園にいる間にゆっくりとさがしてください。


わたしたちは、みなさんの相談に真剣に応じ、応援します!


よくある質問Q&A


Q1.私は不登校の中学生です。
フリースクールに通おうと思っていますが、新しい事が苦手で前に通っていた塾も少ししてやめてしまいました。
入学金もかかるし、またすぐにやめてしまうと親に迷惑がかかると思うと勇気が出ません。
この不安な気持ちを無くすにはどうすればいいですか?教えて下さい。

A.あなたは自分の意思でフリースクールに通おうと考えたのでしょうか?
もしそうだとしたら、とても素晴らしい事だと思います!だって、あなたは自分で自分を変えよう!
という決断をしようとしているのですから。

フリースクールに通っている生徒さんも、最初はみんなと同じように緊張していたと思います。
大人でも初めてやる事は緊張するんですから、子供が緊張するのは当たり前!
少しの勇気を持って、一歩前にでてみれば楽しい未来が見えてきますよ!


Q2.中学2年生です。前の学校でいじめられていて転校しました。
最初はちゃんと通っていたんですが、前のいじめを思い出すようになり恐怖で学校に行けなくなってしまいました。
別に今の学校でいじめられたわけではありません。

学校に行かなくなって1ヶ月くらいになりますが、親にも正直な気持ちが言えません。
フリースクールに通いたいなあと最近考えますが、
転校までして学校に行かず次はフリースクールかって何を考えているんだ!
と怒られそうで、なかなか話せません。どうすれば良いですか?

A.転校させてくれたあなたのお父さん、お母さんはあなたに対してとても理解があるように思います。
あなたの事をすごく大切に思っています。
前にいじめられていた事がフラッシュバックして、恐怖で学校を休んでしまうのはあなたのせいではありません。

あなたの事を考えて転校までさせてくれたご両親なので、一度勇気を出して今の気持ちを伝えてみてはどうでしょう?
いきなり結論から言うのではなく、話を順序立ててみて下さい。
前の学校でいじめられていた→今もその事を思い出して恐ろしくなってしまう→学校に行けなくなる。のように、

まずは今の自分の現状を伝えてみては?
その上でこうしたい、ああしたいと説明していけば、意外とすぐに理解してくれるかもしれませんね。



Q3.募集人数や選考方法、出願時期はどうなっていますか?

A.募集人数は男女計45人。選考は書類提出と面談(本人と保護者同席)

 出願は随時受付。 学園まで通学できる人が入学の条件です。



Q4.学費はいくらぐらい必要ですか?

A.入学金100,000円 ・全日コース(週5日通学)45,000円(1ヶ月分の授業料)です。

(詳しくはお問い合わせください。このほか遠足等の行事参加費も予定されます)



Q5.見学、体験入学は可能ですか?

A.
見学も体験入学も歓迎します。教室の様子や学習内容がどうなっているか、実際に見に来て下さいね。


Q6.進路指導はしてくれますか?

A.一人ひとりのペースに合わせて、通信制高校(高卒資格取得)・高卒認定・大学受験・就職・留学・復学などから
 進路を見つけていきます
何でも相談できる環境です。


Q7.スマホの使用は禁止ですか?
 
A.学習時間以外はスマホの使用は自由です。


Q8.中学生ですが、通園しても授業についていけるか不安です?

A.
だいじょうぶです。小学校のレベルからでも学び直しができますし、休み時間などを利用して何でも聞いて下さい。


Q9.制服の指定はありますか?


A.
制服の指定はありません。私服でもいいですし、現在の学校の制服でも構いません。


Q10.入学試験はありますか?


A.
ありません。指定の書類を提出していただき、保護者同席で面談をします。
 通学できる方なら、基本的に入学可能です。



Q11.学園内でのいじめはありますか?

A.
ありません。当学園では、他人に対し威嚇的な態度や攻撃的な態度を取る生徒の受け入れをお断りしています。
 又、在学中にいじめを行った、或いはそれに類似する行為を行った生徒は強制退学となります。



Q12.どんな先生がいますか?

A.
みなさんが気楽に話せ、相談できるようなやさしい先生達があなたの来園を待っていますよ。


Q13.自分のやりたいことがいろいろ見つかったらどうなりますか?


A.全面的に相談にのります。専門的は方面に興味がでてきたら、どのように学ぶのか、どのような進路があるのかを
 是非、先生と一緒にさがして、道を開きましょう!


Q14.保護者へのフォローはありますか?

A.
定期的な保護者面談や授業参観の日を予定しています。
 そのほか、相談ごとがあれば随時、受け付けますのでご連絡ください



Q15.小中学校に通わなくても「義務教育」の方はだいじょうぶですか?

A.
義務教育の場合、児童・生徒は「教育を受ける権利」があり、行政や保護者はその権利を保障する義務がある、
 とされています。不登校のままでは、この権利を放棄することになります。
 こうした事態を避けるために、これからは小中学校以外のほかに学習し成長できる環境や居場所があれば、
 そこでの学習も義務教育として認めよう、と国が検討をはじめています。

Copyright 2015 Prezar free school. All rights reserved